龍角散の社長のフルート
スポンサーリンク

昨日TVで見ました

ずいぶん流暢にしゃべるフルート奏者だなあと思っていたら

企業の社長でした、それなら納得でした

頭の回転がいいのか早口でテキパキと会話していました

フルートの演奏はもちろんプロ級なので上手です

でも聴いていると良い意味でせっかちなところとか

几帳面なところとか垣間見えました

トップが音楽家だと企業のオフィスでもたまに

コンサートがあるそうです、TVでは御本人は音楽と仕事は

分け隔て無く対応しているとおっしゃいましたが、

内心音楽家の社員を自慢したいみたいです、堂々と自慢して欲しいです

音楽はただのプレイ遊びではないのですから

私の知っている中小企業で毎年社内で音楽祭をしている会社があります

クラシックやジャズなどの混声ですが社員家族も参加していました

企業でも年に数回はこうした音楽祭があって欲しいものです

私の娘は会社勤めですがチューバを弾きますでも社内では出番がなさそうで

残念です、もっと日本の会社は音楽に寛容になって欲しいと願っています

 

スポンサーリンク
クラシックギター
おすすめの記事